サングラス
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2007’12.23・Sun

素敵なこと

クリスマス前の休日、
街に人が溢れていました。

そんな中、クリスマスプレゼントを買いに
こっそりひとりで街に出ました。


そんな中で、素敵なことに出会いました。


荷物を持って帰りのバスをバス停で待っていた私に
ひとりのお年を召した男性が倒れ掛かってきました。
最初ひとだとは思わなかった。
誰かか、何か、がぶつかったと思ってさっと避けると、
その人は、まるで受身を取るかのように
私のすぐ後ろにごろりんと転がってしまいました。
びっくりした!どうしよう。
咄嗟に思って背中を支えるために手を出しました。



意識はある。
杖をお持ちだったので、
ただ転んだということならいいけど。


いえいえ。お年がお年のようにお見受けしたので
どこか怪我をなさってないといいな。



そう思って「大丈夫ですか?」と大きめの声で声をかけ
背中から起そうとしましたが
「脚がよろけちゃったよぅ」と仰ってご自身では起きる気がないご様子。
困ったと思った瞬間、三方から手が出てきました。



ああ、世の中捨てたもんじゃないな。



両脇から支える手がありました。ありがとう。
そして一番すごいと思ったのは
1人の若い男性がその倒れた男性を抱き起こすように
正面から起してくれたのです。


私はうしろからそうっと起き上がろうとする背を支えました。
そして立ち上がった方は、
手に傘と杖を両方ついておられました。
お体が少し不自由だということが分かりました。
人ごみで疲れたか・・・あるいは何かに脚をとられて
転んでしまったのでしょう。


その方が起き上がった後は
皆列に戻りましたが、その正面から起した青年だけが
「大丈夫ですか?タクシーを呼びますか?
ここに並んでいられますか?」
声を掛けて心配顔。



やっぱり僕、タクシーを呼んできますね。



そう言ってその青年は少し離れたロータリーの
タクシー乗り場へ走っていきました。
大きなターミナル駅の駅前なので、バスも車も混んでいて
その青年が走っていったあとに、ようやく乗るはずだったバスが
ロータリーへ入ってくるのが見えました。


と、その青年が帰ってきて
「バス、来ましたね。タクシー呼びませんでした。お気をつけて!」


そう言ってにこやかに去っていきました。




優しく、始終にこやかで、
細身で、ベージュのダウンが彼の顔を優しく見せていました。
ハンサムさんでしたよ。


こんな天使みたいな人がいるんだ。
って、胸が温かくなりました。


それからほどなくバスが来て
その倒れた方もバスに乗って家路につくことができました。
よかった。



いくら心がけていても
咄嗟に手を出すことは難しいですよね。



でも、足りないでしょうけれど、せめて心がけたいなと
あの素敵なひとのおかげで思わせてもらえました。



スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieDiary

2007’12.15・Sat

瑠璃と玻璃

HNからちょっととって別所にも書いた日記ですが・・



瑠璃 は 宝石。
ラピスラズリという青い石のこと。

言葉としては良く似たもので
玻璃 があります。これも七宝に数えられる宝石のひとつ。
水晶(アメジストもこの一種?)のことらしいです。


るり と はり。

音が似ているので、ことわざがあるようです。


『瑠璃も玻璃も照らせば分かる』
暗がりで見れば分からないけれど
光を当ててみればその違いは一目瞭然。


もうひとつ。


『瑠璃も玻璃も照らせば光る』
こちらの方が好きです。
るり も はり も 言葉だけでは似ているし
それこそ暗がりで見たらどんよりと分からないただの石も
光を当てればその違いは一目瞭然だし、
光を反射して始めてその石の美しさ、真価が分かる。



石は、動けないから、ただ待って
何かに照らされないと
自ら輝きを放つことはできないけれど
私は、『自分で』照らされるように頑張ることはできるよね?

誰だってそう。
自らを輝かしむるための、最初の一歩を踏み出したい。


私は瑠璃?玻璃?
いいえ、私は私。
自分らしく、そして身の丈を越えず
でも限界を広げつつ、頑張りたい。


がんばれ、がんばれ。
くじけそうになるときほど、思いたい。


辛いことがあるんじゃないのよ。
でもね、段々忙しくなるじゃない。
宣言しておこうかな?なんて思って。


夕方、これを読んで笑えるために。
明日も、あさっても。


楽しいことがいっぱいあるのに、
渋い顔なんてしてられない。ね?

トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieDiary

2007’12.01・Sat

バトン2つ

「行くぜお泊り妄想バトン」と「食べ物バトン」の2つ。
長いので続きからどうぞ!


 ...READ MORE?

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieバトン

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。