サングラス
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2005’09.23・Fri

ああ、十六夜の君


<十六夜日記☆>
本日の睡眠時間2時間です(笑)
がんばってます。
何をしているかと言うと案の定というか
やっぱりというか・・・「十六夜記」やりこんでいます。
そして、ひねくり回した結果『銀』エンディング!行きました!
やった~~~~!

完全ネタバレなので以下反転。
 
 




最初、将臣と九郎のデータしか
十六夜のディスクでは読み込めないという事で
(遥か3 のディスクは妹のところへ出張中)
将臣のエンディングデータを立ち上げてプレイ開始。

将臣をプレイしなおしてみるのですが、
衣装と言い回しが変わってくるくらいで、同じエンディング?

そうか。
もしかしてシナリオをプレイしなおして
別のシナリオを出さないといけないんだと気がつき、
すでにこの時点でうっとうしい(笑)状態。

でも、どうしても見たいものが2つ。

それは銀と知盛が関係あるのかどうか。

それで仕方ないので(笑)
第一章から始めてみました。

第一章は九郎同行を選んだので、弁慶とリズ先生は消えました。
その後二章で絆を越えられる人は全部越えたかな?
景時さんはその時点で選択肢から漏れましたね。

まず将臣に会って・・・そうだ、六波羅にヒノエを迎えに行かなきゃ。
と、そこで?な人発見!

これ、知盛???
これか!新シナリオのキーパーソン。

その時点ではその関は越えられなくて、
どんどんそのままプレイ続行。
三草山で福原を落とすという別選択肢が出てきて、
景時の表情が変わって、ああ、彼は歴史に沿ってこれから
嫌な男になるんだという予感がしました。

そして三草山の第三章を越えたら、熊野の新シナリオ出現。

美味しいのは将臣と知盛との行動ができるようになったこと。
すっごい美味しいです。この下り。うまうま。

この2人のツーショットはすごい素敵。

このシナリオを選択した時点で他の人が全部振り落とされてます。
ヒノエは自分の素性を明かさないし。
(明かしたことになってるのかな?あれは)

そしていきなり壇ノ浦、知盛入水。

え~!と言っている間に、九郎は頼朝から追われる身になり、
結果将臣の船で平泉へ落ち延びていきます(かなりはしょりますが)

その途中危ないところを手引きしてくれたのが『銀』。
知盛にそっくりで、でも野性味というより雅な彼。

彼に助けられて平泉に入るのですが・・・

ポイントは新しくできた拠点ポイント。
ここで蜜月ポイントが溜まっていくし、別展開のきっかけもある。
最初それが分からなくて、
その平泉の章を何度やったか。

その度に秀衡は亡くなるし、泰衡は亡くなるし。
銀は自我喪失になってしまうし。

何度もやってようやく、京の関を越えて、
平泉の4つの関を越えたところで新しいシナリオが出現しました。

ここまでで大事な事。
銀が1人で戦う場面が出てくるので、戦い関係のパラを上げておく。
それにつきます。

そして迎えたエンディングは・・・
これぞロマンスだ~!というスチルでした。

知盛ではなかった銀。
砂糖を吐きそうなほど甘い台詞をいっぱいくれました。
ごちそうさま。

どうやら知盛は
オールコンプしないとシナリオ出現しないみたいなので、
まずは将臣と九郎をなんとかします。

そして気になるのが、宝玉がとれてしまった地の白虎。
裏切り者に堕ちた彼を救ってやりたいと思います。



というわけで反転終了。

いや、あなどれません。
とにかくフルコンプを目指すわ!









手塚 別企画(笑)
参加者のご表明を頂き、嬉しいです!
残りあと12時間。
今日のUP分をもちまして、受付終了にします。
4はリク済みなので、あと3つ、お待ちしてます(笑)

スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie-non-

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。