サングラス
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

娘1も娘2も吹奏楽部に入りました。
自分の娘たちですが、2人に関しては全くいろんな意味で育て方が違います。
もちろん、モットー、主義主張は同じですが、
個人の資質を考えて習い事は全くアプローチが違いました。



娘1は落ち着きがなく、ほんとうに身体ばかりが大きいどんくさい子だったので
とにかく、堅実に生活を営めるように、心がけて接しました。
座ってお習字をする時間、ガールスカウト・・・
不器用なのでひとりでなんでも出来るようになって欲しい。そう願いました。
なので、ピアノはならったことなく、当然楽譜も読めず、
中学で吹奏楽に入ったときに初めて譜読みをしました。

そんな彼女がアルトサックスを担当することになって
吹けるようになるまでの努力は並大抵のものではなかったのです。

その彼女が今度新入学に際して、また吹奏楽部に入りました。
中学のときにやったということでまたアルトサックスを希望しましたが
3人(アルト・テナー・バリトン)の枠に8名の応募。
オーディションになったそうです。

結果彼女は体格もいいので、テナーになりました。
私としては希望のサックスだったので、よかったのかな?と思っていましたが
彼女は家で涙を零しました。

皆は初心者と言う人が居ても、ほとんどの人がピアノは弾ける。
自分にはアルトサックスしかなかった。
しかも(私の妹のものですが)マイ楽器もあるのに、
アルトに選ばれたのはテナーも吹ける人でマイ楽器を持たない人だった。
そのひとはピアノも弾ける。
どうしてまた私を最初の吹けないみじめな状態に陥らせるのか・・・
そう言ってぽろりと涙を零しました。


何よりも彼女が後悔しているのが、
面接のときに「アルトをやりたい」と強調しなかったこと。
そして
彼女は蟹股になって間に楽器を立てて演奏するのですが
知らないひとを前に、中学のときよりかなり短丈のスカートの股を割って
演奏することができず、足を横に流した形で演奏したそうです。
本来の本気の演奏ができなかった。それを判断材料にしてしまった。
それが悔しい・・・そう言いました。



担当楽器は先輩と講師の先生が決めます。
オーディションでは人の音を聞くことがなかったので多分納得出来ないのでしょうが
おそらく、その選ばれた彼女が一番上手かったのでしょう。
それは練習が始まれば追々分かると思います。


言われて初めて、彼女が中学生のころに
どれだけ努力をしたのか、思い知りました。
地道な努力家で(私と正反対)、コツコツ頑張る子なので
しんどいことは口に出さない。
だからこそ、もっとアルトサックスを極めたかったんだよね。


でもそこで同情しても事実は変わらないから・・・
半分心を鬼にして言いました。


もっと顔を上げよう。
他の人たちはどこにふられたの?
ホルンとパーカッション?
それこそリード楽器じゃないから一からになるでしょう?


報告をした私の妹からもメールが来ました。(彼女はアルトサックスの持ち主)
「いいなぁ~テナーはカッコいいよ!
ネックの曲がり具合がアルトには無い味わいですね。頑張ってね~」


ね、もう1つ楽器が吹けるようになると思うことにしよう。
全く違う楽器じゃないから、前のアルトサックスの練習をしているときほど
辛くはないと思うよ?

そう言って励ましました。




「しばらく自分で消化してみるから、楽器のことには触れないで」


そう言って今日も学校に行きました。


今日は部活は休みだそうです。
ワンクッション置いて、頑張れるといいなと思います。

来週からは私のお友達(娘2の先生でもありますが)にピアノを習うことになりました。
高校生にして初めてのピアノです。
先生は「まかせて!」と言ってくれたよ。
楽しく弾ける時間が持てるといいね。
そして、一つずつ可能性を増やして、自分のコレ!だと言えるものが見つかるといいね。

スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(2) TOP
CategorieDiary

Next |  Back

comments

こんばんはv

あぁ…と自分の中学高校時代を思い出しました。
自分の望む楽器になれなかったのはとっても辛いと思います。
でも、ホントに。
もうひとつ、楽器が吹けるようになるんだよ?と。それはとっても世界が広がると思います。

…もともとホルン吹きだった私が、コンクール真っ最中にトランペットに持ち替えたという経験が、あります。
理由は色々ありましたが、思い入れのある楽器と違うものを持つ、というのは葛藤もあるでしょうし、泣けるものだと、思います。

頑張って、ね?

ピアノもサックスも。楽しい音楽の時間が持てるといいね、と願っておりますv

優笑:2008/04/24(木) 00:21 | URL | [編集]

>優笑さん

こんばんは!
そだったね、優笑さんも持ち替えた経験者だったね。
でも、本当に多いよね。楽器変わっちゃう人。
だからこそ、前向きに、出来ることが増えたって思いたいよね。

あい。ありがとうです。
気持ちは前向きに頑張ってますよ~<娘1
問題は元々音が大きい人なので、主旋のアルトをジャマしないように
大人しく吹く努力をするそうですww

ピアノも弾けて、ひとつずつが自信になるといいな。
そう願っています。

瑠璃りる:2008/04/24(木) 20:25 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。