サングラス
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

残りの八葉3人終りましたので続きから・・・
眠いしぼーっとしてます。
ちょっとこめかみ痛い。
ばかだね~ほんとww




ネタバレありありです。




柊はもっと早くにやりたかったのですが、
シナリオをいくつか経ないと開かないということだったので
これは同門の風早・忍人を開けないとでないだろう・・・・と思ったら正解でした。

先見ができる能力はのちに藤姫に引き継がれるあの一族と言うことなのですね。
あやしげな柊。言葉巧みにひとを翻弄するさまは
やっぱり友雅さまだったり、翡翠だったりするところですが・・・
今回のヴォイスは三木眞。これがまたすっごいハマり役です。
声だけで「キター!」でしたもの。
虚言は言うけれども嘘は言わない柊の真実は、姉姫や布都彦の兄と仲がよかったというところで
ようやく見えてきます。片目を失った理由と一緒に。
ただその辺りも曖昧だったので、柊の言の葉から曖昧に教えてもらうという感じだったでしょうかね。

ラストは柊と2人の戦闘になりますので、やっぱり後に回したほうが
戦闘レベルも上がってるのでやりやすいと思われます。
それにしても彼のエンディングもあまり良いものではなさそうです。
いずれにしても彼は・・・神子の元を去ってしまうのですから。
ラストのスチルは幸せそうですが、大団円にみるように、やっぱり・・・ある日いなくなるのだと思います。
裏切者は王の傍には相応しくない。これが彼の美学なのでしょう。



布都彦。
可愛い~♪ほんとに可愛い~♪
実にぱっぴー声のキャラで文句なしに一番に好きです。
那岐との取り合わせが絶妙に楽しい。
そして柊に何気に酷いことをかますのが楽しい。

反転しますが・・・

サザキシナリオで神子が足に負傷します。そのときの会話で(うろ覚え)

柊「お出掛けになりたくば何処へでも私が抱いて連れて行って差し上げますのに」

布都彦「風早どのならまだしも、柊どのがおっしゃるとなにやら違うように聞こえます」

柊「それは?」

布都彦「柊どのがおっしゃるとなにやら“いかがわく”聞こえますっ!」

ナイスつっこみ!



那岐ともなんか面白いツッコミが炸裂していて楽しいです。
真面目で一本気で嘘のつけない男が選んだのは、兄と同じ道。
がんばれ、青少年!
しかし、お兄さんの下りがもうちょっとはっきり明かされると思ったのに・・・がっかり。
一ノ姫の出番もなし。あ~あ。




サザキシナリオは楽しかった!
なんか天真くんが30歳くらいになったって感じ。
そりゃ声が関智だからね~。
いいね~。出たしでまさか歌われるとは思わなかったよ!<トゥルーフィ~ww
船を持たない海賊は、いつか自分の船を手に入れてまだ誰も信じていない
海の向こうにある国へと漕ぎ出したいと願っているんですよ。

でもね、この辺りのシナリオの筋盾にちょっと曖昧な表現があってね。
この世界の人は海の向こうに異国があるって信じてないんでしょう?
なのに『海の向こうの宝』『大陸のもの』って表現が(サザキが信じてるだけ?)でてきて
なんかこう、いちいちつっかかるのよ。
無理に海の向こうに国がない、ってことにしなくてもよかったんじゃないの?

布都彦シナリオでは最高に嫌な役割のサイババ(=狭井君)が
ちょっとだけいい奴にしてもらってましたね。やっぱり嫌いだけどさ!




ということで風早シナリオが開きました。
これからやるかな~。眠いや・・・



スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieharuka4

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。