サングラス
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

昨晩第12話終了で、来週最終回な『ネオアンジェリークAbyes』。
ゲームでラストは全部見ているのですが、
このごろ母と一緒にアニメ強制鑑賞させられている娘sと
昨夜のあらすじを元に勝手に最終回予想ww
(見て無い方の方が多いと思うので昨夜のあらすじには触れません)







「でもさ、女王試験ないの、不自然じゃね?」
(今までのアンジェリークは女王試験を通過しなければ女王になれない)

「だね。んでもってもうひとり女王候補がいて」

「レイチェルとかロザリアとか?」

「そうそう。そんな感じ。それに破れてアンジェ敗退&帰還!」

「地上は逆ハーレムでウェルカム??」


いっそ幸せかもw






アンジェ「お願いです、レインさん。ジェイドさんを連れて返ってください」

レイン「けど、ジェイドなら俺達みたいに歳を取ることは無いから、
聖地でお前の傍でお前をずっと守れるはずだ。
ジェイドにも異存はないはずだ。そうだろう?」

ジェイド「もちろん。君の笑顔はオレが守るよ」

アンジェ「いえ、だめなの。考えてみて、レイン。
もし、ジェイドさんが故障したら誰が修理するの?」

ヒュウガ「そうか。浄化はできても修理はできないと」

アンジェ「ええ。ですからジェイドさんは皆と一緒に帰ってください。
そしてレインがきちんとメンテナンスを財団に引き継いで、
そして私が帰る時まで今のままのジェイドさんでいられるようにして欲しいの」

ジェイド「それがいい。オレは『おかえり』って君を迎えられるね」


何千年後の話ですか?





上の続きですが・・・w

ひとりで聖地に残ったアンジェリーク。
そして千年の齢が過ぎ、地上に戻った頃には
かつて珍品だったオートモービルが時代遅れの乗り物になり、
風景すら変わっていた。

しかし

ルネ「おかえり、アンジェ」

アンジェ「ルネ・・・さん?でも髪の色が違うけれど・・・」

ルネ「ああ、あれから僕、3回転生してるからね。
うまい具合に記憶の引継ぎもあるみたいだから、僕は君のことを
全部覚えてるよ。ジェイドもちゃんとメンテナンスしてあるし」

ジェイド「おかえり、アンジェ。君の笑顔がまた見られて嬉しいよ」

ルネ「あとの皆も大体3回~5回転生して、この世界のどこかで
君に会えるのを待っているはずだよ。さあ、それを探しに行く旅に出ようか」

アンジェ「待って、でも教団長は聖都を離れられないんじゃないの?」

ルネ「ああ、大丈夫。今回の転生はね、マティアスが教団長として生まれてきたんだよ。
ようやくだね、マティアスはあれから5回転生して、今5歳なんだよ。会っていく?」


これも報われたことになるのかな?





レイン「アンジェ、あと少しだ!エレボスを完全に浄化しないと!」

アンジェ「ううん、これでいいの」

ヒュウガ「どういうことだ、これではニクスはエレボスから開放されないぞ」

アンジェ「それでいいよの。だって。開放されなければ、ニクスさんは
また永遠に生き続ける訳でしょう?それなら一緒に聖地に行けばいいわ?」

ニクス「また長い時間を貴女と添い続けるのも一興ですね」

ジェイド「それより、またエレボスの力が強くなったらどうするんだい?」

アンジェ「そのときはギリギリまでまた浄化するわv
ちょっぴり黒い程度にね♪」

ニクス「おやおや。私のマドモアゼルは随分お茶目な方だったのですね」


お茶目で済むのか?





な~んて、考えてしまいました。
ネオアン分からない人には全くプーな内容ですみません。


いや~、もう動くニクスさん、超マイブーム♪
一番平凡に幸せなのはベルナールさんのお嫁さんだと思いますがねww


キャストの皆さんがいいエンディングだと仰ったので
来週を楽しみに待ちたいと思います!

スポンサーサイト

コメント(0) TOP
CategorieGame

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。