サングラス
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2008’12.16・Tue

エリザベート

東宝ミュージカル『エリザベート』を帝国劇場で見てきました。


1回目は12月8日(月)。
そして今日が2回目。


キャストは上手い具合にダブルキャスト全部が見られました。


<ストーリー>
ミュージカルの成り立ちとストーリーはwikiを見ていただくのが一番早いかもしれませんが、
かいつまんで・・・。


バイエルン王家の娘エリザベート。愛称はシシイ。
シシイはお転婆で、破天荒な生き方をする父に憧れる闊達な少女。
けれど運命の悪戯で、姉のお見合いに同席した際、
姉の代わりに自身がオーストリア皇帝に見初められて皇后になります。

けれど宮廷はシシイにとって窮屈な鳥かごでしかなかった。

皇太后はシシイに古いしきたりと服従を押し付け、
マザコンの皇帝はそれが皇后になるために役立つと取り合わない。
そして生まれた子も次々と皇太后に取り上げられていきます。
なぜなら「子育ては皇后の義務」ではないから。

こう書くとシシイはとても不憫に見えますが、その反面
我が強く好き勝手にやりたいことを通す強さも持っていました。

そのシシイを皇帝に負けずとも劣らぬ愛で見守ったのが
『死』を司るトート。(つまり死神)
トートはかつてシシイが木から落ちて死に掛けたときに
自分の手元に置くより「生きたお前を愛したい」と、
そして自らをシシイが進んで愛するようになるまでは黄泉の国に迎えないと
言って、シシイに命を返します。

自らの奔放な性格で周りを追い詰め、愛する人が死に行き、
結局闘って勝ち取ったものは孤独だったと齢を経るにつれて悟るシシイ。
最後に暗殺者の手に掛かった時、シシイが選んだ手はトートの手だった。



<キャスト 1>
1回目に見たのは
トート 武田真治
シシイ 涼風真世
皇帝フランツ 石川禅
皇太后 寿ひずる
皇太子ルドルフ 伊礼彼方

この取り合わせが、実はダブルキャストの中で一番見たかった取り合わせでした。
武田真治はビジュアルでは文句なし、ですし、

かなめさん(涼風さんの愛称)は個人的に宝塚時代から大好きです。
彼女の華麗な妖精のようなスタイルが大好きでした。るろ剣もかなめさんだしねv

彼方は「ムダに男前」のテニミュさえさんですよ。

ということでめちゃくちゃ期待したんですよ!
そして期待通りだった!
武田真治は・・・思ったとおりww
歌は、もうちょっと頑張ってね。と言う感じですが
うさんくさいトートがよかった!

そしてかなめさんは、美しかった!
本当に美しかった!
前のキャストは一路真輝だったのでどうなるかと思ってたけど、
大丈夫!
歌はイチロの方がよかったかもしれないけど、かなめさんもよかった!

そして彼方~!!!
男前だった!歌もよかったし、そしてダンスもよかった。
ムダに男前でよかったvv

でね、イーちゃん(寿ひずる)に久しぶりに会えて嬉しかった!
イーちゃんはトップスターを期待されてたホープだったのに
(正確には次のトップスターのポジションだった)
坂東八十助さん(今は違う名前ですねw三津五郎さん)と
結婚して退団してすごく悲しかったのを覚えてますよ。
今ははからずも復帰されて、ファン的には嬉しい!
そして拍手はね、とても上手な子役
(皇太子の子供時代。とても歌が上手くて可愛かった)と
彼方にエスコートされて登場!
すごくすごく大きな拍手を集めてましたよ!
イーちゃん、これからもがんばって!


とてもとても感激して歌いながら帰ってきましたよ。
こんなのは以前宝塚でターコさん(麻実れい)の「風と共に去りぬ」とか
「はばたけ、黄金の翼よ」見たとき以来です。

帰ってきて動画あさって、
ずーっと聞きっぱなしだった。


そしてどうしてももう一度見たくて、今度は別キャストでチケットげっと。
がんばったよw



<キャスト 2>
そして今日の2回目。

トート 山口祐一郎
シシイ 朝海ひかる
皇帝フランツ 鈴木綜馬
皇太后 初風諄
皇太子ルドルフ 浦井健治


もう、山口トート閣下はすばらしい!すばらしすぎる!
以前、かなり前に劇団四季で
山口さんが怪人になる「オペラ座の怪人」を見ましたが、鳥肌が立ったのを
今日まざまざと思い出しました。
武田真治とダブルキャストは・・・。
足して2で割ればいいかな(ごめん)

トート閣下のワンマンショーでした。ほんと。
以上。


って・・・ほかの事言わないとまずい?


カンちゃん(初風諄)は相変わらずマダムでお上手ですよ。
初代のアントワネット様ですよ。
あのベルばら絶頂期のエトワール様ですよ。
最近復帰されたので本当に嬉しい。



あ、そうそう。これが大事。
暗殺者であり、この作品の狂言回しであるルイジ・ルキーニの
高島政宏がとてもよかった!
上手なのはもちろん(歌も踊りも)間合いを読むのがとても上手。
さすが初演からやっておられるだけありますし、ミュージカルスターの風格ですね~。
サラブレッドという言い方はご本人は嬉しくないだろうけれど
・・・でも、本当にいい役者さんになったなぁ。うん。




それから、ルドヴィカ(シシイのお母さん)で春風ひとみさんが出てましたよ。
なんかなつかしいなぁ。この方も宝塚。
かりんちょ(杜けあき)の同期だよね?



あ~、楽しい。久しぶりだわ~


もう一度みたいな。


山口+涼風で!ぜひ!って・・・もう日がないんだよ。
千秋楽25日だし。

11月に見始めてたらエライコトになってただろうなぁww


東宝はDVD出さないんだよね。
だから、ぜひ・・・山口+涼風の実況CDが出たら・・・書いたいと思いますv


ああ、頭の中で『私だけに』が鳴り響いてますよv

スポンサーサイト

コメント(0) TOP
CategorieDiary

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。