サングラス
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

昨日の【ネタバレ】の続きです。


それにしてもプラットフォームがXBOXなので
大人な内容だな~と思いましたよ<ヴェスペリア。
話の筋書きそのものは単純なんですけどね。

この『ヴェスペリア』では完全なる敵役というのは
端役でしか存在しないんですね。 (そしてユーリにやられちまう痛快さw)

皆なにか事情があって、そして自分の主義に沿って行動した結果
反する立場で邂逅することになり、結果的に戦うことになる。
そして誰が勝っても、それは勝負というより
自分の主義を通したということにしかならない。
相手を倒してもそれを勝ち誇ることが出来ない。

そんなストーリーでした。



<アバウトな感想>


昨日は登場人物を書いたところで時間切れしたのですが
なんというか・・・あらすじと感想を書こうとして自分にブレーキが!


だって、想像の余地がすごくあるんですよ!
だからつい二次創作を考えちゃってww


いや、もといww


アビスは話の筋が込み入ってて、そしてすごく難しかった。
人物の相関関係が入り組んでいて、そしてもの凄く深い意味合いがあったんですね<存在について。

だってキャッチが『生まれた意味を知るRPG』ですもの。
すごく考えましたよ。
何のためにルークが生まれたのか。何をなすべきか。そしてどう死ぬべきか。

余韻は今でも引き摺っているし、結末は今でも曖昧。
けれど忘れられないエンディングでした。


それと比較するとヴェスペリアのあらすじは
そこまで複雑ではありません。
事件があって、それを追求するうちに世界の危機を知り、それに立ち向かう。

キャッチは『正義を貫くRPG』。
どういう意味か当初はよく分かりませんでした。

用心棒っぽいんだけどニートのユーリが
一国のお姫さまと関わって、下町の魔核(コア)を探すうちに世界を左右する
大事件に巻き込まれていく・・・ってのは分かったんだけど
それがなぜ正義を貫くのか。

これは賛否あると思うんですが、ユーリはただ自分の心に忠実に
これが正しいと思うことを実行するんですね。

市民を圧迫して税を搾り取り私腹を肥す軍人や
自分の娯楽の為に住民を虐待する役人をユーリは自ら手を下し、暗殺します。
それは決して正しくないと分かっていても、自分が手を汚すことで
数多のひとが救われるのであればそれを厭わない。
そして自分を罪人だと言い放ちます。

明らかにユーリが悪徳役人ラゴウや
陰険で悪辣な騎士支団長キュモールを死に追いやった描写では
驚きましたが、ユーリの仲間たちはそれを驚きなぜかと聞きはしますが
ユーリが認め、そして自分で納得しているということを分かった時
それを受け入れていきます。

親友(ユーリは認めませんが)フレンは正規の方法として
騎士団を上り詰めて、やがてはナンバー2まで上り詰めます。

一般の人はフレンを認めます。
フレンが騎士であり、それと比較するとユーリはどちらかというと
ドン・ホワイトホース(ギルドの親玉)に近い人生を送るのでしょう。
有体に言うと任侠の世界ですね。

けれどフレンはユーリが何を信条として、何をしているかを
ちゃんとわかって、そして自分がそういう生き方や振る舞いを
その立場ではできないとわかって、すべてユーリに託すラストは素敵でした。

「頼むよ、ユーリ」
「君は僕の誇りだよ、親友」

きっと世界が救われても、誰もユーリたちが為したことは分からないのでしょう。
でもそれこそがユーリが望むことじゃないかと思います。

出てくる人物もどのひとも魅力的でした。


気になるのはイエガー。
殺しのギルドの長ですが、実はおっさんレイヴンの同僚だったのか?
レイヴンも実は騎士団長アレクセイの副官だったと後にばれますが。
そして二人共かつての戦いで命を落とし、アレクセイによって
心臓に魔導器を埋め込まれて生きながらえさせられていたんですね。


おっさんはほんと、いい味出しています。
表の顔はドン・ホワイトホースのギルドのNO.2で
裏は騎士団の副団長シュバーン。
女好きで町のそこここに彼女がいて、そして自分を「おっさん」呼ばわり。

15歳の天才魔導師リタとの絡みがいいです。
(ガウリナなんだもん。娘1が「リタはリナっぽい!」ってw
そして彼女のイチオシは今のところレイxリタだそうですよ。
私はフレxユリかなぁ。おっさんは単体で好きw)

魔導器にしか興味の無かったリタが変わって行く様子が可愛くて
そしてラストに世界中の魔核・魔導器を利用して戦ったとき
実はおっさんの心臓にはすでにリタの開発した別の機器が埋め込まれているといい・・・
そう思いましたよ。


ああ、もう、犬のラピード視点の二次を書きたくなってきましたw







んでもって最早二週目に入っているんですが、
どうもシークレットミッションが上手く行きません。
それをやらないとユーリの正騎士装束が手に入らないらしいので
頑張りたいんですが・・・ううう。


やっぱ3周くらいしないとダメなんでしょうかね?



プラットフォームがXboxなので簡単にやってみてください!と
言えないところがつらいなぁ。
なんでもPS3に移植されるという話も聞いたので
その暁にはプレイしてみてくださる方も増えるかな?


テイルズの最初のシリーズから通しての
キャラクター人気投票で、過去に人気絶頂だったリオン・マグナスをいきなり抜き去って
1位をゲットしたユーリ・ローウェルがヒーローですからねv
いいですよ~!チャンスがあったら、ぜひv

スポンサーサイト

コメント(0) TOP
CategorieDiary

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。