サングラス
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

昨日届いて、そして先ほどフルコンプしました~(笑)
はい。
タイトルのゲーム、『そして宇宙にきらめく君の詩


どのくらいかな。
所要時間は延べで8時間くらいかな?


なにせ声優陣が豪華!というのが発売前の話題。
絵もまあまあ綺麗かな・・・
というので購入しました。



ネタバレ大あり、なので続きは↓からどうぞ。



お、忘れるところでした。
『少しずつの幸せ』最終話とあとがきをUPしています。

<システム>
最近メインだった恋愛シュミレーションというより
アドベンチャーノベルというのが正しいかも。
選択肢で話が分岐していくというタイプのゲームです。
だからパラ上げとかがなくて、サクサク進みます。
最近やったものでいうなら、「☆の王女」の類ですね。

だからこそ逆に、一度読んだところはガンガンスキップするので
当然さっさかゲームが進んでしまいます。


<メインストーリー感想>
詳しい話はぜひ公式HPでご確認いただくとして、
これ・・・メカものだったんですか?
びっくり。
ヒロインのルミナ姫やその他の登場人物が
扱う兵器がキャバリアーというロボットタイプの戦闘機。
いや、まさに姫様@ロボット大戦という感じです。
なんか買ったゲーム間違ったかな?と瞬間思いました(笑)

どう例えるのが一番しっくり来るのかなあ。
少女冒険活劇恋愛風味?
乙女ゲームですね、確かに。
元乙女には少々物足りない話の筋だと思います。


<キャラクター別ストーリー感想>
*ミケール@千尋
一通り全部エンディング見たのですが、
一番のメインはきっとミケール@お兄様シナリオでしょうね。
慕っていた行方不明の兄との再会。
そしてその兄が実は血が繋がっていなかった。
いきなり愛情を自覚して、最後はラブラブ。
追加シナリオ(ご褒美で出るのですが)の方が
恥ずかしくラブラブだったので、こっちが好み(笑)

才能があり、王の素質のある妹への嫉妬から
自分が王国へ戻らないほうがいいと『太陽の騎士』なんて
金ぴかのキャバリアーにのってるあたりが、のっけから笑えますが、
とりあえずエンディングのルミナにラブラブしてるのが微笑ましくて
OKです・・・(笑)


*ライオス@広樹さん
を~、やっぱ男前の声は広樹さんだ。
金髪で白馬に乗った王様だよ、まぢ。スチルがでたよ、ほんと。
世間知らずで、育ての親代わりの家臣にだまくらかされて、
結局自分の国を崩壊させてしまう王様。
最後に目が見えなくなったとき、心の目が開く。
その傍に寄り添うルミナ。
最初のオバカっぷりが一転して、いい感じのエンディングでした。

それよりこっちは追加シナリオが面白かった。
高いところ好き、爬虫類大好きなルミナに対して
ライオスはだいっきらい。
「ぎゃ~」と抱きつくスチルが楽しかったです。


*シオン@鳥海さん
ミケールお兄様の親友。でも私怨からわざとお兄様を
死に追いやったと噂の王様。
それは噂にたがわず本当で、機械に管理された国を統べるのと同じく
冷酷無比に見えるけれど・・・その私怨の根源は
愛する妹の死、故だった。

見ていた娘1が「ツンデレだよ!」と叫んだくらい
ルミナへの愛情を自覚した途端ころりと態度が変わります。
そして見ていて恥ずかしいほど、保護欲むき出しで、笑えました。


*ギルス@森久保サン
いや、上手いわ。エンディングテーマと挿入歌は森久保さんなのですが
メインエンディングの方は、あれだけで聞きたいくらい良い。

最初に攻略したのがこのギルスでした。
貧乏小国の太子で、生き残るためにダブルスパイをしているといえば
卑劣な感じがしますが、その実、熱い心で祖国とその民を思う男。
彼の本当の良さは追加シナリオで出てきました。


*アッシュ@鈴健
お~、やっぱこういうキャラだよな<熱血剣士。
ルミナの幼馴染で近衛隊長。
時には辛口に進言(というか幼馴染なので遠慮がない)するけれど
人一倍ルミナを思う心にかけては誰にも負けない。

彼が死ぬかもしれないと自覚して書いた手紙をルミナが読むあたりは
可哀相だなあ・・・と見ていたんですが、
ラストにルミナの政略結婚の結婚式に
太陽の騎士から貰った黄金の鎧と金ぴかキャバリアーで
ルミナを強奪に来たのには爆笑してしまった。ごめん。


*ペルモ@ぱっぴ~
小柄な年下の歴史官。
アッシュと一緒にルミナの諸国漫遊を助ける格さん。
(助さんがアッシュ(笑))
このシナリオはシビアで、ルミナの父王が
王位継承の資格なし(前王の本当の子ではない)ということで
廃位され、ルミナがまず見せしめに処刑されそうになる。
それを助けるために剣を取ることは出来ないけれど
歴史を紐解くことで助けようとします。
中々かっこよかったです。ぱっぴー♪


*エディオス@もりもり
いや~、黒さを微塵も出さずに演じきってましたね。
でもあるシナリオでは悪役もやりつつ、
ベースにあったのは、実は彼がルミナの『丘の上の王子様(比喩)』
だったということです。

完全にネタバレしますと、
彼はルミナの兄のミケールの双子の兄。
けれどルミナは今の王である父の子ではなく、
前王である兄の子だった。
ということは、ややこしいことを言ってますが
皆さん従兄妹ってことですね??
(あ、でも父王の子じゃないから血筋としては他人)

双子は忌み嫌われるということで捨てられて敵方に拾われた
エディオスはやがて広大な国の王に。

あるシナリオではルミナに豪華な贈り物をして気を引いたり
あるシナリオでは投獄した振りをして逃がしたり。
色んな役柄を演じてました。

追加シナリオでは、王や王女である立場を捨てた二人の
逃避行が描かれていました。






*特別シナリオ
なかなか出しにくかったのですが、
すべてのエンディングを見ると過去にタイムスリップします。
今までの登場人物が別の人物となって出てきて面白かった。
最初にルミナの乗る白いキャバリアー(フェニックス)が
出てきた遺跡『ルミナスの丘』の名前の由来が分かりました。

いや、見てる途中で娘1が絶対これは・・・
と先に謎解きしてしまいましたが(笑)その通りとは(笑)


さ、終わった終わった~

して、久しぶりにラスエスやるか、
ガンパレに戻るか、考えようっと。

スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieGame

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。