サングラス
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2010’10.22・Fri

ゲキxシネ

半月以上前になりますが、ゲキxシネ「蛮幽鬼」を観てきました。
昨年の新橋演舞場のチケットがどうしても取れず、
残念に思っていたところ、映画館での上映となり、封切翌日に見てきましたよv

ストーリーはモンテクリスト伯がベース。
いわゆる復讐劇です。

親友殺しの罪を着せられた主人公が
絶海の孤島にある牢獄からのちの仲間となる者たちと脱獄し、
そして新興宗教の教祖となり、自分たちを陥れたものが重鎮となる都へ向かう。
そこにはかつての婚約者が帝の妃となり、
そして敵たちが幅を利かせていた……。

主人公は上川隆也。
「大地の子」の放映時からファンでしたが、
やっぱりこの人は舞台の人だと実感しました。

そしてもう一人の主人公とも言える
殺し屋であり、主人公の復讐のパートナーとなる堺雅人。
このひともハンサムなのに気持ち悪い笑いを浮かべた奇人が良く似合う。

他にも沢山の芸達者の皆さんが出演で幕間15分を挟んだ
2部構成三時間強の映画が短く感じました。

そして最後に待っていたどんでん返し。
予想できた最後とはいえ、ラストは涙が止まりませんでした。


稲森いずみも健気に強いヒロインを果敢に演じていてテレビでみているときよりも
ずっと好感を持ちましたよ。

チャンスがあれば、もう一度観たいです。大きなスクリーンで。
あるいはDVD、欲しいな。


公式サイトはこちらです。
ゲキxシネ『蛮幽鬼』
スポンサーサイト

コメント(0) TOP
Categoriestage

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。