サングラス
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2013’05.25・Sat

スウィニー・トッド

開演時間を19時だと間違えていた+残業のため、
頭の30分を見逃した「スウィニー・トッド」@青山劇場。

いや、すごかった。
市村正親と大竹しのぶはすごいわ。メインの2人に本当に目が釘付け。

配役を今一つよくつかまないまま劇場に入っちゃったのですが、
おや、みた顔が・・・

船乗りアンソニーくんは柿澤くんではありませんか。
そしてトッドの娘に高畑充希。高い声でるね~

あらすじはジョニー・デップの映画でも有名なちょっと怖い話。
奥さんを横恋慕されて陥れられた理髪師の復讐話。
市村さんの鬼気迫る、そして復讐にとりつかれた男がとてもよかった。
そして大竹しのぶはほんと、相変わらず上手いわ。
声がすごくいいわけでもないのに歌を聞かせるのは、
彼女が「ピアフ」があたりやく、というのが分かる感じ。(見たことないけど)

大竹しのぶのマダムを慕うちょっと頭の弱い男の子が誰か
最初わかってなかったんだけど、武田真治くんなのね。ほ~。


ダービン判事の安崎さんはほんきでキモいエロおやじ(誉め言葉ですよ)だったし、
斉藤暁さんはあやしい腰巾着だし(見ると「踊る竜宮城」の亀山を思い出しw)
周りもすごくいいね。

乞食(失礼)女が芳本美代子とは気付かなかった。なるほど~

と、キャストもいいし、演出もまた宮本亜門の演出って
なんというか ハデ♪ で面白かった。


内容としては、なんというかやるせない感じだけが残って、
感動はするんだけど、後味悪い。

前に Notredame de Paris の時と同じ感じかな。


誰も幸せにならないっていうね。



結末はいつもハッピーエンドの
ハーレクインとか宝塚好きの私からすると、なんか切ないのよね。


そしてスプラッタがもともと駄目なので、その気配も…


頭の30分のためにもう一度観たいかと言われると二の足を踏む作品でした。
席は1階前方センターだったんだけどね。ほんと、残念。
スポンサーサイト

コメント(0) TOP
Categoriestage

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。