サングラス
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

娘の就活がようやく終りました。
本人的にはもういいや、と思ったのか、リクナビのデータなんぞ全部消してしまいました。

母としては、もう少しデータ置いておいて、もう少し様子を見たら?と言ったのだけど、リクナビ・マイナビ・enなんかからどんどん毎日メールが来るので嫌になったと言ってすっきりしちゃっています。

本人が後で後悔しないのならいいけれど、と母は少しだけ心配をしています。

ただ、大学を卒業してまで目の前の道を掃き清めたり、整えてやったりすることはできないので、あとは自分で考えて進め、という感じですかね。

何より、本人3月に国家試験があるので、それに通らなきゃこれまでの4年間の勉強が無駄になるからね。
それは頑張れ、と応援したいな。

それにしても、阪急電鉄の秋採用、希望業務の中に『宝塚歌劇の販促推進』みたいなのがあったのよ~気になる~w


昨年12月から始まった就活がこんな時期までかかったということで、
苦戦したことが客観的にもお分かりいただけるかと思いますが、まさか昨年秋に買ったスーツを夏真っ盛りのこの時期まで着るとは思いませんでしたよ、本人も私も。

一番の不幸は、就活最盛期の2~3月に病院実習が入ったこと。
それがすべての計画を外すことになってしまったみたいです。

本人は食品開発をしたいということで(栄養士だしね)メーカーを大中小取り混ぜて、いろいろ受けたのですが、行ってもせいぜい二次どまり。

考えるに、そういう分野は大学院の、中でも応用化学をやってる人を研究者で取って、開発指示は学歴の高い人がやるんじゃないかな~と・・・思った通りのようでした。

希望分野では見事玉砕。
結構知られていないところもいっぱい見て応募してみたんだけどね。


ただ親の目からすると、どうも研究者向きの性質とは思えない。

そこで、ほかに目を向けてみようということで、流通関係の一部業態(ズバリCVS)に絞って、その時点ではもはや首都圏での説明会は終わりに近づいていたので、仙台・大阪まで足を延ばして受けれるだけ受けるようにアドバイスしてみました。
結局4つ受けたのですが、全部最終まで進んだんですよ。びっくり。

やっぱり本人の希望と適正は合わないんだな、厳しいな。

ありがたいことに、大手のCVSから内々定を頂いたので、その段階で就活辞めようか、という話になったのですが、なにせCVSは厳しいので(夜も昼もないので。自分もスーパーにいたのでその辺の公私のなさと、精神を病む人の率の高さはいやというほど見てきた)本当に大丈夫かと再度確認。

よくよく話すと、やっぱり元々やりたかったこととのギャップに悩んでいて、もう少し続けることになりました。

でもメーカー系はほとんどもう終了していて、では次善の策としてどうするか。
どこなら自分としては納得して働けるか、ということに絞って探してみました。

もうね~、モンペって呼ばれてもしょうがないと思うくらい、私もリクナビとかいろいろ見て探しましたよ。
だって21歳の経験値で中小ったって、どうやって探していいかわからないし、ブラックっぽいところばかり目につくしね。

本人もいろいろ見て、夫に四季報の情報を聞いたりしながらいくつか受けていきました。

最終的に決まったのが、やっぱり流通でした。
百貨店(古い言い方だw)の外商部門の最後の一人の枠をなんとか勝ち取ることができたようです。

もう一つ、おしゃれなケーキ洋菓子や雑貨などで有名なところも最終まで残っていましたが、本人のどうしても譲れないところを優先(楽器を続けたい=休みがある程度固定。そうしないと練習はできても本番ステージに乗れないから)して、百貨店になりました。

収入的にはCVSの方が格段に多いのですが、
「私は辞めたいとは絶対言えない。言えないで頑張って頑張って・・・そしてつぶれてしまいそうな気がするんだよ。」
という娘にこれ以上は言えないな、と思いました。


それにしても結局営業職ということは、本人の適正はやはり人に関わるようなそういう職業だということなんでしょう。
あとからフィードバック頂いた内容では、グループワークの内容は(司会をして発表まで持って行ったらしい)ダントツ、
面接でもかなりの高得点だったそうです。

もうね~、最初から業界絞らずにいろいろ受けろって言ったのに!とは今更の弁ですが、私なら首都圏に住んでいるんだから、出版社とかいろいろ受けたと思うな~。
(娘2の学校からなんて宝塚舞台とかいるしww←)

でも自分も就職するならメーカーと思ったクチなので(ものづくりをできる人や業態が好き)そういう意味では娘1も、人の日常使うような道具を作りたいと美大に行った娘2も同じような考えなのかもしれません。


これを受けて、娘2には
1、英語は必ずやっておくこと。最低でもTOEIC750ないと箸にも棒にも掛からない。
2.デザイン関係に行くなら、今からインターン探して行き始めること
3.遅くとも3年には情報を集め始めること
という話をしています。彼女の志望先はそれこそ私では想像できないしね。


娘1はやっと落ち着いて、今から卒論研究が始まります。
あと半年。やりたいことは取りこぼすことなく大学生活を終わって欲しいと願わずにはおられません。
大学院に行きたい気持ちもあったみたいですが、あと2年ネズミ三昧になるのもね・・・よく考えてこの先やっていってほしいと思います。

もう親は口ではなくお金を出してやる(それにも限界ありますが)しかできないしね。

スポンサーサイト

コメント(0) TOP
CategorieDiary

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。