サングラス
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

祇園祭礼信仰記

一、金閣寺(きんかくじ)

   
松永大膳 染五郎
雪姫 七之助
十河軍平 男女蔵
松永鬼藤太 廣太郎
狩野之介直信 笑 也
慶寿院尼 門之助
此下東吉 勘九郎

*いや~、染五郎の悪役がお素敵vいいですね。
線が細い人かと思っていたのですが、このごろこういう感じの悪役とか
ごつい役もおやりになるようでとてもいいです。

これ、パロディよね。
松永大膳は松永弾正、
此下東吉は木下藤吉郎だよね。
七之助の雪姫の縛られた後の演技がとてもきれいでした。
花びらがあんなにどっと降るのを見たのは初めて。

***

二、蜘蛛の拍子舞(くものひょうしまい)

花山院空御所の場

   
白拍子妻菊実は葛城山女郎蜘蛛の精 玉三郎
渡辺綱 勘九郎
源頼光 七之助
坂田金時 染五郎

*ごめんなさい、前半は眠かった。
後半、玉様が蜘蛛になってからの方が面白かったです。
久しぶりに七之助が殿様で、綱が勘九郎、坂田の金時の染五郎がよかった~
そろい踏みで顔見世って感じですね。
蜘蛛の糸をぱ~っと威勢よく沢山撒くのはむずかしいだろうね。
かっこよかったです。

***

三、一本刀土俵入(いっぽんがたなどひょういり)

   
駒形茂兵衛 幸四郎
波一里儀十 歌 六
船印彫師辰三郎 錦之助
船戸の弥八 由次郎
老船頭 錦 吾
若船頭 宗之助
町人伊兵衛 廣太郎
庄屋の女房 歌 江
河岸山鬼一郎 桂 三
堀下根吉 高麗蔵
清大工 友右衛門
お蔦 魁 春

*人情もので現代風のしゃべり方なので、とても分かりやすかった。
前半の見習いを首になった力士くずれの幸四郎がコミカルでかわいらしささえ感じたのに反して、
後半のばくち打ちになってしまった幸四郎の凄味との対比が悲しいような、かっこいいような、
男前の役でした。
スポンサーサイト

コメント(0) TOP
Categoriestage

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。