サングラス
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

昨日の昼の部に行ってきました。

重たい内容ではありますが、さすがに2回目は随分意味が入ってきました。
初日の緊迫感というかハラハラ感から、こなれてきて工夫してみよう、
客席の反応を見てみたいというキャストさんの意気込みが感じられた回でした。


<大まかなあらすじ>

安藤潤也は急進政治団体グラスホッパーの集会で急死した兄の謎を解くため、
『蝉』という男を探していた。情報屋で兄の友人でもあるアンダーソンに
兄が亡くなった後に会得した特技で勝ち、情報を仕入れた潤也は『蝉』と
その依頼主で元締めの岩西に合う。

そこでも特技を発揮した潤也を見て、岩西は業界最高峰の殺し屋『槿』に潤也を
紹介する。そして自分の特技が力だと確信する潤也。

グラスホッパーの代表犬養とそれを取り巻く人々の思惑に巻き込まれていく潤也は、
兄の残した「クラレッタのスカートを直してくる」という言葉をヒントに、
自分が兄の仇を討つためになすべきこと、兄がしようと思っていたことを
実行する決意をする。


…という感じかな?
原作は伊坂幸太郎(マンガは大須賀めぐみ)ということですが、
『魔王』だけでなく『グラスホッパー』とかいくつかあるみたいですね。
とりあえず、今は『魔王』を読書中。
マンガの方も読んでぜひ内容を比べてみたいです。


さて、内容は無気力無関心な日本人をなんとか一つにまとめたいと
立ち上がる政治家犬養が一種ファシストのような様子で描かれています。

自分には関係ない。
誰かがやってくれる。
けれどそれが思う方向へ行かなければ、
その方向へ向けた誰かが悪いという風に文句を言う。
(正確にはもっと違ったセリフでした)

まるで今の日本人をまんま比喩しているようでした。

兄の死にこだわり続けた潤也の家族の背景も気になります。
兄がいなければ自分は父母の死を冷静に受け止められることができなかった
という比喩は、父母は非業の死を遂げたということでしょうか。

もう1度くらい観ることができたら、
もう少し入ってくるかな?

中々に中毒性があります。



<今回座った席と前回との比較>

前回は後通路すぐ後ろの下手サブセンターの席。
ご覧になった方はお分かりになるかもしれませんが、
オープニングでスズメバチがスタートしてくるポジション。
そしてラストに潤也が演説する犬養をじっと見ている場所のすぐ後ろ。
これは贅沢な場所でしたよ。
スズメバチが動き始めることで舞台が動き出す。
緊迫した空気の中に一条の光が動くようでした。

ラストは潤也のシルエット越しに観る犬養。
10年間の潤也の思い、仕事を受けた槿の意思、わかっていて
依頼をする潤也の顔を見に来た岩西と蝉。そんないろんな思いが交錯する瞬間でした。

さて、今回は前通路のすぐ前の7列目のセンターブロックの中央。
ど真ん中のちょっと高くなる真ん前。
何も障害物がなく舞台は良く見えるわ、キャストさんたちの表情も良く見えるで
大満足の席でした。前は少し遠く集中できない場面もありましたが、
今回はみなさんよく見えて面白かった。

何せすぐ後ろの通路を皆さん走る!走る!
一度、蝉のだいきっちゃんがビューンと走ってマントが頭を掠めて
びっくりしましたもの!

わっしーもスズメバチのRy☆くんもよく走ってました!
臨場感っていうのもいいね。客席降りバンザイv

そいういう意味でも楽しかったし、前方席はやっぱり芝居に集中できますね。


<トークショー>
平日の回はトークショーのつく回があるようです。
私の観た回も*pnish*と味方クンとRy☆くんとのトークショがありました。
15分ほどのトークショーでしたが、「あ~!パニだ~v」と嬉しかったです。

その中で味方クンのアンダーソンが潤也と「5回じゃんけんで勝ったら
情報を渡す」と約束してじゃんけんするシーンがあるのですが、
私でさえ「あれ、これうっかりアンダーソン勝ったら芝居おわるんじゃね?」
と思っていました。実際稽古であったそうですwww
そりゃ怒鳴られるわねwww

すぐに笑わせたくなる栄治さんも素敵ですv
笑いをとりにいく*pnish*大好きです。
今回みたいにシリアスなのも面白いですが、まじ面白いのもいいよ~。
緩急つけていろんなモノを見せてくださいな。


せっかく堪能したので、
これからは原作にちょっと取り組もうと思います。




あ、でも明日は『龍の如く』初日ですね!
行ってきますよ♪
スポンサーサイト

コメント(0) TOP
Categoriestage

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。