サングラス
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

いや~。
満遍なくいろんなお誕生日は過ぎてってるもので
そいや、むぎちゃんも7月9日でしたよね。
キャンプも佳境、真っ最中だったので
するっとスルーしてましたね。


今日は会社お休みしてるので(日数調整)
のんびり洗濯して、書き物・・・と思ってたのですが
娘2もわたしも、ここ数日ちょっと食べ物にあたってるので
(やたら痒いし一過性で蕁麻疹もでる)
おまけに娘2、黒板見えないとか言うので
これから医者めぐりに行ってきます。


<WEB拍手へのお礼>
☆13日23時の「未来~」へのメッセージ下さった方
読んで頂けて嬉しいです。
自分でも再読するのに時間がかかる~と認識していますから
再度読んで頂けて嬉しいです。
私にも大事なお話です。ありがとうございます。

他にも拍手、ありがとうございます。


「小学生なのだから、それらしい楽しみがあってもいいだろう」
と言う手塚の英断で、夏休みにはいってすぐの1週間は
練習はお休みということになった。

ほぼ毎日、吐くほど走らされて
腕が上がらなくなるほど素振りさせられていた英司と拓音は大喜び。
けれど、それをおおっぴらに表わしてはいけないというほど
彼らは手塚を知り尽くしていたので、
2人こっそり後ろでVサイン。


(―やったな、すっげ~うれし~)
(―おれ、この間新しいゲーム買ってもらったんだ)
(―いいな、やりたい。涼しいところで)
(―うち来る?昼間は母さん仕事でいないからさ)
(―いいな!いいの?)


「で、休みの間なのだが」

こっそりなにやら楽しい計画を練っていた2人は飛び上がった。
「お前たち、たまには山に行かないか?」

「「山?」」

「いや、英司のところはお母さんが体が段々きつくなるから
あまり遠くへいけないだろう?拓音のところだってお店が忙しい
だろうから、よければ」

「「よければ?」」

確かにそうだ。
英司のところは今母親がお腹が大きくて、
いくら気丈な母親だとは言え、それほど無理をさせたくないと
ついこの間も大石と英司は話し合ったところだった。

拓音のところは年がら年中店で忙しいのと
兄弟がそれぞれ別の予定があるものだから
家族揃ってどこかへということもこの頃は少ない。

「休みの間に綾音をキャンプに連れて行くのだが
お前たちもどうかと思って」


それか!と2人は顔を見合わせた。
練習が休みなのは、単に自分が娘と山に行きたいからだ!
普段厳しいくせに一人娘にはめっぽう甘いということを
2人はとっくに知っていたのでにっこり笑った。

やたら綾音に好かれている英司と
妹がいるのでその扱いに長けている拓音にとって
それは願っても無い休日。
学校の移動教室をのぞいてはそういうところに
余り行ったことのない2人は二つ返事で飛びついた。


ゲームもいいけど、これもおもしいろかも。


「ああ、それから」

喜び勇んで帰りかけた2人を
もう一度手塚が呼び止めた。


「賢吾も来るからな。よろしく頼む。
いや、むしろそっちか・・・」


手塚の語尾が小さくなってにごるのを2人は聞き逃さなかった。

うわ。
俺たち、賢吾要員かよ。


でも、まあそれもいい。
やんちゃなあいつは連れて歩くのに面白い。


2人はやっぱりにっこり。
帰り間際に手塚から渡された荷物点検表に目を丸くしながら
それでもその日が晴れますようにと
タオルで照る照る坊主を作って家で釣るそうねと
約束して別れたのだった。



つづく・・・


って、続いたら読みます?(笑)
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(2) TOP
CategorieDiary

Next |  Back

comments

読みます!と挙手をしてみます(笑)。
わーい、番外編ですね~vv

蕁麻疹、アレルギーの方は如何ですか?
夏は汗の所為もあって大変だと思いますがご自愛くださいね。

優笑:2006/07/15(土) 01:55 | URL | [編集]

優笑さん

おはようございます~
なんとなくキャンプネタ。
ほぼ自前なので思いついたら続きを書こうと思ってます。ふふ。ご支持ありがとうございますv

そういえば英司、久しぶりね。

アレルギーはぼちぼちお付き合いしてます。こちらもありがとうございます~

りる@管理人:2006/07/15(土) 08:30 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。