サングラス
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

『ゴージャスナイト 第三夜』の 続き~に
書いていました万里@ラストエスコートの
殴り書き、なんとなくその続きです(笑)

実はこういうことなんですが・・・
これ書いちゃったらいっそ終われって感じですか?
いや、むしろ書けと?(笑)

ここで連載するかい?


***

ところで、ここのブログ、
管理者だけにコメントを表示する機能があるようで、
拍手みたいに使えないかなとトライ中。

お試しくださいませv
コメントはどうやら他の人には見えないみたい←やってみた。

 ...READ MORE?

トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieLastEscort
Genreゲーム Theme乙女ゲー

2006’04.05・Wed

西園寺ファミリー

い~えっ!
単に苗字が同じだからなんですが・・・
彬ED@ラストエスコート見たら俄然浮んできて(笑)



***

「ここがホストクラブ?
 絢子が最近ハマって居て困るとあちらの母君から聞いて
 様子を見に来たものの、単なるクラブではないか」

呟く郁の横で臣がくすくす笑いをこらえている。

「そういいながら先ほどから目が泳いでいますよ、郁」

「こ、これは、泳いでいるのではなく、
 辺りを伺っているのだ」

言い訳がましく目を伏せて顔を赤らめる表情が
うっかり辺りの女性の視線を集めているのに郁はまだ気づいていない。
そこへ当の本人がようやく登場した。

「やだ、本当に来たのね、郁」

「叔母様のお言いつけだからな。しかたないだろう。
 どういうところだか見て来いというのだから」

「それにしても絢子さん、どういう風の吹き回しです?
 貴女ならこういうところに来なくても
 どんな殿方でもはべらせることができるでしょうに」

「あら、臣さんもお久しぶりね。
 相変わらずお上手ね」

臣と絢子は初対面ではない。
郁といつも一緒にいる臣は絢子のお気に入りでもあるのだ。
それを十分に認識している臣はその手を取ると
ホストさながらに手に口付ける姿も堂に入っている。
それもまた周囲の視線を集めてしまった。


「なんだ。今日は同伴で別の店のホストを連れてきているのかい?」

「あら、彬さん」

二人が驚いたのは、彬の登場か
それとも自分たちがホストと思われたことだろうか。

「悪いが、私はそういう職業についた覚えは無い」
「私もですよ」

「ふうん」

言うと彬は二人を嘗め回すように見た。
そして挑発するような目線で顔を眺め回す。

「なんだ。無礼だろう」

「いや。まあこの僕と勝負にもならないだろうと思ってね」

「何?」

視線に続くいきなりの挑発に郁が一気にテンションを上げる。
普段冷静で分析が得意なのに、こういったツッコミが入るとは
思っていなかったのだろう。
臣の制止も聞かず郁が一歩前に踏み出した。


***


なあんて、絢子の従弟が郁@ヘヴンって設定では
いかがでしょう?
そのあと皆巻き込まれ~ってね(笑)

トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieLastEscort
Genreゲーム Theme乙女ゲー

2006’04.05・Wed

彬とらぶらぶ同棲中

やっぱり家中がそろうとなかなか時間が取れません。
彬ゆっくり攻略中@ラストエスコート。

そしてとうとうゴージャス同棲中(笑)

彬の彬たる由縁があの母上だ。
よ~くわかったよ(笑)
 ...READ MORE?

トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieLastEscort
Genreゲーム Theme乙女ゲー

彬様@ラスエスでの明言(笑)

あ~、もう(笑)
三原色&オスカー様だ!
面白すぎる!!
一日一言彬様ですわ。

とりあえず。
 ...READ MORE?

トラックバック(0) コメント(2) TOP
CategorieLastEscort
Genreゲーム Theme乙女ゲー

また新聞屋さんだよ。
ということで、『ラストエスコート』
万里と悟をいっきにいきました。
あ~つかれた。
とりあえず寝ます(笑)
 ...READ MORE?

トラックバック(0) コメント(0) TOP
CategorieLastEscort

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。